chita*coppe in WonderDiary !

☆chita*coppe in Oxford ☆~イギリス旅行記~2

オックスフォード旅行記の第二段です!

★憧れのアリスショップへ・・・!オックスフォード大学を出た私達は次なる目的地
アリスショップを目指しました

アリスショップは、アリス・リデルが子供の頃よく通った
お菓子屋さんのたてものをつかっているのです

鏡の国のアリスに登場する、羊のおばあさんのお店のモデルは
ここ、テニエルの挿絵はちょうど逆(鏡写し)にかかれています。

あった!お店は大学を出て左へ進み…道を渡ったところにありました!
alice02.jpg
周囲のたてものにきゅっと挟まれたさんかく屋根の可愛いお店でした*
早く信号変われ~~!!
テンションMAXです!

赤いドアを押して中へ入ると・・・
アリスグッズがぎっしりです!あれもこれもと、目移りしちゃいました

散々悩んだわたしは、アリスショップオリジナルデザインの
ティーカップ&ソーサー ポット
いろんな人へのおみやげに、オリジナルコインチョコやアリスカード
たくさん買ってしまい、使うことはないと思っていた「タックスフリー」の書類をもらいました

中には日本でも手に入るグッズもありましたが、
オリジナルのティーカップはとっても可愛くて、個展で大活躍です!

***

そうこうしている間にも、お客さんは頻繁に入ってきます
もちろん外国の人も多いのですが、もっと多いのが日本人・・・!
おたがいに会釈なんかして…なんとなくこそばゆい
日本のアリス人気はすごいですね~!

alice01.jpg
うしろがみをひかれながら、アリスショップをでた私たち
両手にはたくさんの収穫をさげてオックスフォードの町並みに消えてゆくのでした

***

ちたこっぺ

☆chita*coppe in Oxford ☆~イギリス旅行記~

お久しぶりです ちたこっぺです…
いろいろ滞っていて心苦しいのですが
生きてます…
ほんとうにすみません・・・

そして

おまたせいたしました
いまさらながらイギリス旅行記をUP
オックスフォード・クライストチャーチ編
はじまりはじまり


****

一日目
オックスフォードへ

パディントン駅から国鉄に乗って約1時間

ロンドン市街を出たとたんにのんびりした風景が広がり、車窓がだんだんと田園風景になってきます
牧場があったり 牛さんがいたり...とにかくのどか
何を隠そう目的地オックスフォードは翻訳すると「牛が渡る浅瀬」
牛がいるのも納得です(って乳牛じゃないと思うけど;)

オックスフォードへ到着
この街は全体に複数の大学が集まっていて、勉強するためにあるといっても良いところです
たしかに都心からあれだけ離れていれば勉学の邪魔するものはないですよね
だって電車なかったら遭難しそうだったもん

駅から中心街は少し離れているのでミートパイをかじりながら5~10分ほど歩きました

今日見るのはクライストチャーチとアリスショップ
両方ともアリス・リデルと著者チャールズ・ラトウィッジ・ドジソン先生ゆかりの場所

だんだんと町の中心にはいっていく
お店がたくさんならぶ大通りは活気があって、だけどどことなくロンドンにくらべて品があるのは大学を中心にした学都だからでしょうか

ガイドブックに街のランドマークとかかれていたカーファックスタワー(おもったよりも小さくて低い)がみえると
象牙色をした、いかつくて歴史のありそうな建物が姿を現してくる

この街には36のカレッジがあるので立派な建物ばかり。
どれがクライストチャーチなのか迷ってしまう
それにしても地図を見ていても迷うのは何故?

通りをうろうろあるいてやっとの思いで立派な門をみつけた
ox_03.jpg
カッチリしたコートに身を包んだ門番さんが、観光はあっちから入ってと言う


さらに塀に沿ってすすむと正門があり よく手入れされたイングリッシュガーデンがひろがった
あぁ今にもアリスが飛び出してきそうな雰囲気・・・
ox_04.jpg

ox_08.jpg



さらに進むと蔦をまとった飴色の建物が見えてくる
ox_01.jpg
これがクライストチャーチ
もとは修道院だったのをヘンリー8世が大学にし、大学校内には当時の聖堂が残っているそうな



見学料15ポンドを払い学内へ
うさぎ穴のような趣の入口をくぐる
ox_02.jpg



暗さに目が慣れてくるとゴシック様式の壁・窓・天井が控えめな存在感を放っている。
ox_05.jpg
床は少し磨耗してすべすべしてる 
なめした革のような質感

ここをドジソン先生が歩いたんだなぁ…
なんだか不思議、ここに立っていることが。

*****

いよいよグレート・ホールへ

クライストチャーチでは学生と教授がホールで食事をいただくのです
ながーいホールのながーいテーブルにずらっと座って
みんなでいただく…
そう、ハリポタのホグワーツの講堂のモデルになったところです!

ox_06.jpg
あぁ…すごい圧巻です
なんて素敵なんだろう、こんなところで学べるなら誇りで胸いっぱいになっちゃうだろうな

このホールには歴代の有名になった人の肖像画が飾られています
ドジソン先生の肖像画は…と、ふと振り返ると
ずいぶん傍にいらっしゃいました!先生!はじめまして!
ox_07.jpg

たしかにドードーに似てる?
(アリスに出てくるドードーはドジソン先生を暗喩しているんだって)

少し前まではガウンと帽子を纏い食事をとるのが決まりだったみたいで
いまでも試験は正装で受けるそうです

伝統の国イギリスらしいエピソードです

****

とりあえずオックスフォード前半
つづきますよ~









 | HOME | 

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

chita*coppe

chita*coppe

はじめまして!
デザイナー&イラストレーターのchita*coppe~ちたこっぺ~と申します

サイトがありますので、よかったら遊びにきてくださいね
http://www7a.biglobe.ne.jp/~atomic_coppe/

FC2Ad